『減塩だしつゆ』を使ってかんたん・おいしい減塩メニュー

だし香る 和風焼きビーフン
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 高血圧

公立豊岡病院日高医療センター 管理栄養士 中島むつみ先生が考案!

だし香る 和風焼きビーフン

カロリー 400 kcal
塩分 1.4 g

※1人あたりの計算量です。

調理時間
10分
疾病
高血圧
糖尿病
脂質異常症
社名
ヤマキ
商品名
減塩だしつゆ
病院名
公立豊岡病院日高医療センター
栄養士

高血圧の方の9割は塩分の取り過ぎが原因といわれています。減塩だしつゆはヤマキ社のおいしいだしがベースで、希釈濃度を変えると料理のレパートリーが広がります。 毎日の料理、健康管理にこれ1本!

減塩だしつゆ

作り方

材料(2人分)

ビーフン

100g

キャベツ

90g

もやし

90g

にんじん

30g

しいたけ

40g

ピーマン

20g

豚肉

80g

ごま油

大さじ1(12g)

減塩だしつゆ

50ml

かつおぶし

5g

きざみのり

0.6g

ポイント

減塩だしつゆを使えばしょうゆやだし、みりんを使わなくても1本でおいしく塩分を控えて焼きビーフンが作れます。また、麺自体に塩分が含まれることが多いですが、ビーフンは塩分は含みません。麺類が食べたかったけど塩分が気になって食べられなかった方におすすめです。

  • 1

    ビーフンは熱湯に5〜6分間浸し、水を切っておきます。

  • 2

    キャベツはざく切りに、にんじん・ピーマンは短冊切りに、しいたけは柄を取り除き薄切りにします。 もやしはさっと洗っておきます。

  • 3

    フライパンにごま油を敷き、食べやすい大きさに切った豚肉を炒め、火が通ったら2の野菜を加えます。

  • 4

    材料に火が通ったら1のビーフンを加え、減塩だしつゆを入れさらに炒めます。

  • 5

    4を器に盛り、かつおぶし、きざみのりをのせます。

栄養成分

  • エネルギー
    400kcal
  • ナトリウム
    556mg
  • たんぱく質
    16.5g
  • カリウム
    805mg
  • 脂質
    13.4g
  • 食物繊維
    3.4g
  • 炭水化物
    52.1g
  • 食塩相当量
    1.4g
管理栄養士紹介
公立豊岡病院日高医療センター 管理栄養士 中島むつみ先生

公立豊岡病院日高医療センター
管理栄養士 中島むつみ先生

  • 1950年生まれ、兵庫県出身
  • 1970年 兵庫女子短期大学(現 兵庫大学)食物栄養学科 入学
  • 1972年 公立豊岡病院組合へ入職
  • 糖尿病療養指導士・病態栄養認定管理栄養士・人間ドック健診情報管理指導士の資格も取得し、現在は生活習慣病教室や外来・入院の栄養指導業務を主に行っている。
  • 地域での活動も積極的に行っており、特定保健指導・糖尿病や腎臓病の調理実習や予防講演会等、多岐にわたって活躍。

中島 むつみ先生が考案した他のメニュー

高血圧    塩分2.0g未満のレシピ

糖尿病    エネルギーが6単位(480kcal)以下のレシピ

脂質異常症    コレステロール100mg以下、および「コレステロールを上げる食品」に分類される食品が材料に含まれないレシピ

※上記の推奨はファンデリー独自の基準をもとに設定しております。疾病の改善を保証するものではありません。(監修:管理栄養士 駒林 真理子)